gakucho's memo

記憶力皆無なのでメモ代わり(ときどき毒入り)。

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

grub起動FD(FATフォーマット)

2004/03/23 Tue 07:06
ここら
http://kemasoft.ddo.jp/pukiwiki.php?cmd=read&page=%CE%A2%C1%EB%2F03_BootFD
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/3897/grub/grub-2.html
を参考に、Windowsでgrub起動FD(FATフォーマット)を作成してみた。FATフォーマットだと、Windows上からmenu.lstを編集できるから楽チン。

■■用意するモノ
  1. grub-0.94-i386-pc.tar.gz
    http://www.gnu.org/directory/grub.htmlから入手)
  2. FD2枚(低レベルフォーマット済み)
    便宜上FD-A(作業用)とFD-B(grub起動FD)と呼ぶことにする。
  3. rawrite2
■■手順
  1. grub-0.94-i386-pc.tar.gz を展開する。
  2. コマンドプロンプトで展開したフォルダ\boot\grubに移動し
    copy /b stage1 + stage2 grub094.bin
    とする。作成された grub094.bin を適当な場所に移動する。
  3. rawrite2 を使って、grub094.binをFD-A(作業用)に書き込む。
  4. FD-B(grub起動FD)をFATでフォーマットする。
  5. grub-0.94-i386-pc.tar.gzを展開したファイルから、\boot 以下をFD-Bにコピーする。
    a:\boot\grub\*
    という構成になるようにする。
  6. FD-A(作業用)でPCを起動する。
  7. grub >
    というプロンプトが表示されればOK。表示されない場合は手順が間違ってるはず。
  8. FD-B(grub起動FD)に入れ替える。
  9. 以下のコマンドを実行
    grub > root (fd0)
    grub > setup (fd0)
  10. 完成!
    FD-B(grub起動FD)を抜いて
    grub > reboot

  11. (おまけ)
    さらに日本語キーボードがまともに使えるように
    http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0592.html
    ここを参考に\boot\grub\menu.lstを編集。

このgrub起動FDがめちゃ便利。grubだけで簡単なファイルの検索や表示ができるので、OSが起動しない時など、とても助かる。必携の一枚。
grubについては以下が詳しく、大変参考になる。
http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/multi_boot/free_tool.html#grub
http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/multi_boot/grub_setup.html
http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/multi_boot/grub_detail.html

スポンサーサイト

comments

 

post a comment

 
管理者にだけ表示を許可する

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © gakucho's memo All Rights Reserved.

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。